迎春記

― 手持ち無沙汰なあなたに贈るゲイの小噺 ―

【トレラン】笹子→三ノ峠山→河口湖 ~徐々に大きくなる富士山を眺められる絶景コース~

f:id:heckyeah_dude:20191117223701j:image

久々にトレイルランサークルに参加してきました。一応月1で活動しているサークルだけど、旅行と被ったり、台風で中止になったりで、今回は3ヶ月ぶり。

 

こういう個人種目のサークルは、タイミングが悪ければ(行く気がしないというだけでも)、気軽に離脱できるのが楽ですね^^;

 

今日は、山梨の笹子駅をスタートして、庭洞山(1000m)→角研山(1377m)→本社ヶ丸(1630m)→清八峠(1593m)→三ツ峠(1785m★本日最高点★)を回って、河口湖へ下りてくるルートです。約20kmのコース。

 

 

集合は笹子駅。8時。駅前は何もありません。

f:id:heckyeah_dude:20191117221801j:image

 

庭洞山、角研山、本社ケ丸まではひたすら登り坂。きつかった..。トレランとは言ってますが、うちのサークルはそこまでガチなやつじゃ無いので、登りは普通に歩きます。それでもやっぱりきつい。

足首の柔軟性のない僕は、斜度が一定以上になると、足の裏全体で着地が出来ず、常に背伸びをしているような、つま先登山になってしまうので、ふくらはぎがもうパンパンです。

f:id:heckyeah_dude:20191117221838j:image

f:id:heckyeah_dude:20191117222120j:image

 

ですが、本社ケ丸まで上がると、壮大な富士山のお姿にHP回復。

いやー何なんでしょうね。この富士山が綺麗に見えたときの感動って。もう富士山なんて何十、何百も見ているはずなのに、何回見ても感動します。特に今日は空気が澄んでいたので、本当にくっきり見えました。

 

f:id:heckyeah_dude:20191117222205j:image

 

また、空気が澄んでいるお陰で南アルプスもくっきりと。まだ登山経験は浅めなので、山の形からどの山かを判断することはできないのですが、ちょうど山頂で居合わせた山ガール(推定45歳)の方が、南アルプスの山々の名前を教えてくれました。が、ほとんど忘れてしまいましt..あ、一番右が確か八ヶ岳。...ではないらしいです笑(2019.11.18追記)

 

f:id:heckyeah_dude:20191117222637j:image

 

ちなみに今日は7人で走りました。僕が入った頃は、ペースが早い人と遅い人で2グループ化することが多かったんですが(僕はもちろん遅いグループ)、最近はみんな1塊で走れるようになってきました。っていうのに今日ふと気がつきました。みんなレベルアップしてるんだな、きっと。でもハイカーさんには邪魔かも。

f:id:heckyeah_dude:20191117223515j:image

 

清八峠を過ぎると、一旦下り、最後もうひと登りして、本日の最高点、三ノ峠です。

f:id:heckyeah_dude:20191117223701j:image

逆光で見にくいですが三ツ峠のと石碑と富士山です。HP回復。

 

三ツ峠から少し進んだところに山小屋があります。ちょうどお昼の時間だったので、昼ごはんにしました。

f:id:heckyeah_dude:20191117224509j:image

f:id:heckyeah_dude:20191117224553j:image

 

カップラーメン500円!さすがの山価格ですが、やっぱり温かいものが山で食えるのは幸せです。三ノ峠は結構広々としているので、ハイカーさんたちはバーナーで山ご飯を楽しんでいました。

 

 

ゆっくりご飯を食べた後、残りはもう下りのみ。

 

f:id:heckyeah_dude:20191117224757j:image

 

f:id:heckyeah_dude:20191117224802j:image

 

f:id:heckyeah_dude:20191117224922j:image

 

走りやすい道、徐々に大きくなる富士山、まだ残っている紅葉。いやーあっという間でした。登山も好きですけど、やっぱり下りは走った方が面白いな。

 

何が面白いって、そりゃあの"忍者感"。

 

スピードに乗りながら、次1歩をどこに置くかを見極める。同時に、突如張り出してくる木の枝を避けたり、倒木をくぐって進む。もうなんかまるで忍者にでもなった気分なんですよ。敵の手裏剣を華麗に避けながら、罠だらけの敵城を攻め入っていくようです。もちろん、そんな経験はないので、イメージですけどね。

 

転けたり、捻挫したりする危険もあるのですが、それでも下りを駆け下りている時のあの"忍者感”は一度味わってしまうと、もう病みつきです。

 

というわけで、下りはほとんど写真は撮らなかったですけど、楽しかったです。

 

 

山を下りてからは、河口湖の日帰り温泉に入って解散です。

www.royalhotel-kawaguchiko.com

 

上りは結構ハードでしたが、下りは走れるコースです。徐々に大きくなる富士山も最高!トレランやっている方、興味がある方は是非!^^