迎春記

― 手持ち無沙汰なあなたに贈るゲイの小噺 ―

やっぱりここに戻ります

久々(3ヶ月ぶり?)にブログを書きます。

 

この3ヶ月の間、書きたいなと思ってパソコンを開いたことは何度もありました。ですが、白紙の画面を前にすると思ったように言葉にならなかったり、これは面白い話が書けそうだと思って張り切って書き進めたのに、文字にしてみると何番煎じの話だと自分でツッコみたくなるくらい面白みのないものになってしまったり。そうこうしているうちに、いつしかパソコンを開くことすら億劫になってしまっていました。

 

だからTwitterでやっている日記くらいは毎日付けようと思っていたのに、そちらも最近は滞り気味。"140文字なら毎日続けられる"と思って始めてみた日記で、最初は1日を振り返る習慣ができて楽しかったんですが、続けているうちに気がついてしまいました。

 

俺の生活ってあんまり変化ないなって。

 

平日は遅くまで仕事、休日は専らテニス。......今はこのルーティンが楽しくて大いに満足はしているんですが、日記をつけるっていう観点から言うと、毎週同じようなことの繰り返しになって、最近飽きてきちゃいました。ちょっと具体的な話に踏み込むと、すぐ140文字という壁に阻まれてしまいますし。やっぱりTwitterは日記向きじゃなかったのかな。

 

でも相変わらず"毎日何かを残しておきたい"という漠然とした思いはあって、また書きたい放題のブログの方にシフトしていこうかなと思ってます。

 

あまり長く書くとまた自分でハードルを上げてしまいそうなので、今日はこの辺で。