迎春記

― しがないゲイの小噺 ―

1年ぶりに元カレから電話がきた件。

LINEの「既読機能」は実におせっかいな機能だとつくづく思います。相手の既読が付いたのに返信が帰ってこないことへの不安。自分が既読を付けてしまったがために感じる、早く返さなければというプレッシャー。この機能のせいで、キャリアメールが主流だった頃にはしなかったような、そんないらぬ心配をするようになりました。

でも、僕がおせっかいだと感じるLINEの機能は他にもあります。

「"送信を取り消しました"通知」です。

1年くらい前、LINEに送信が取り消せる機能が実装され、お!これは便利!やるやんLINE!と喜んだのもつかの間、それが相手に「"送信を取り消しました"通知」を送るものだと知って、がっかりした人は結構多いんじゃないでしょうか。送りたくなかったから取り消してるのに、通知したら意味ないだろ!ってね。どうしてこうも余計な機能を実装してしまうんでしょう。

と、前置きが長くなりましたが、ここからが本題。ちょうど昨日。4年半のお付き合いの末、お別れすることになった元カレさんから、実に一年ぶりに連絡が来ました。いや正確には、来たのは連絡ではなくて、この「"送信を取り消しました"通知」です。

f:id:heckyeah_dude:20190723001739j:plain

思わず返信しましたよね。笑 用件は共通の友人がtwitterもinstaもアカウント削除していて心配になったとのこと。この共通の友人というのは、僕と同じ会社なので、僕からちょっと様子を見てみることになりました。そして、せっかくなので、ついでにお互いの近況報告も。僕に新しい恋人がいることは何故か知っていて(アプリのプロフィールを見たらしい)、「さっさと別れろ!笑」なんて言っていましたが、嫌な感じではありませんでした。

一方の元カレさんは、一人でフランスに旅行に行ったり、シルクロードを旅したりとシングルライフを満喫している様子。まあ、何となくそうだろうなと思っていました。笑 あの元カレさんが恋人と別れたくらいでくよくよしないだろうなって。本当にびっくりするくらいサバサバしているんです。全国からサバサバ自慢の人を100人集めてきて、その中で一番サバサバしている人を決めようってなったら、きっと5本の指に入るんじゃあないかってくらい、純度の高い天性のサバサバ人です。僕が元気そうで安心した、と率直な感想を伝えると、「安心して。俺、メンタルだけは戦艦ヤマト級だから」とのこと。普通だったら、強がっているのかな、とか思うんでしょうか。でも、4年半付き合いがあった僕ならわかります。元カレさんは本当に僕と別れたことなんて、もう全く気に病んでいないと思います。そういうところは、本当にすごい人です。

......と、そんな近況報告を軽く15分くらいしました。

正直なところ、連絡がきたの少し嬉しかったです。いや、未だに恋愛感情が残っているかと聞かれたら、そんな事は全くないと思います。でも、それなりに結びつきを持った人です。きっと家族の次に僕のことを良く知っているんじゃあないかなと思います。現時点では。だから別れたからと言って、繋がりが完全に無かったことになっているわけではない気がして、嬉しかったんだと思います。別れた時のこととかは、いつかブログにも書こうかな。別れ自体は喧嘩別れのような後味の悪いものではなくて、お互い話をして決めたことでした。ですが、別れる際に「別れるからには中途半端なことはせず、しっかりしばらくは連絡を取らないようにしよう」と期限の決めない約束をしていました。だから、昨日の電話によって、そんなお互いの"謹慎期間"が終わったような、そしてようやく「友達」に戻れたような気がしたのです。まあ今後普通の友達のように、しょっちゅう連絡を取るようにはならないと思うんですが、ちょっとタイミングが合えば、飯ぐらい食いに行ってもいいかなって思っています。

今彼さんの許可は下りないだろうなー。笑

おわり