迎春記

― しがないゲイの小噺 ―

歯は燃えるゴミですか?

先週、歯医者で定期健診と歯のクリーニングをしてもらったのですが、その時に右上の奥歯に残っている米粒大のアマルガムの古い充填を、樹脂に詰め替えることを勧められ、今日やってもらうことにしました。

実は歯医者、結構好きです。できることなら月1で通い、歯のクリーニングをしてもらいたいと思っているくらい(実際その旨を歯科医に相談したこともあるのですが、3か月に1回以上の頻度のクリーニングは保険適用外と言われてしまったため断念しました)。私は口腔内の構造上、下前歯に歯石が付きやすく、1か月もすると前歯の隙間の箇所に歯石が付いてきてしまいます。これでは思いっきり口を開けて笑うというのが憚られますのでいけませんよね。

そんな訳で隙あらば歯医者に行きたい私ですが、それはつまりクリーニングに限った話。今日はクリーニングではなく、充填物を外し詰め直すという久々の処置です。歯医者での処置とは果たしてどんな具合だったかと少し緊張気味で待っていると、歯科医がやってきて私にこう尋ねました。

「詰め物の深さが浅いので、もしかしたら麻酔無しでいけると思うんですけど、どうします?」

一瞬だけ「麻酔無しで」と格好つけようとしましたが、"もしかしたら"という部分が心配だったので素直にお願いしました。痛いのは嫌いです。久々の麻酔は、緊張があったのか「息止めないで鼻からゆっくり息していてください」と注意されましたが、無事に完了しました。いよいよ処置です。

私のかかりつけの歯医者では、仰向けに寝かされたあと、目元にタオルをかけてくれます。顔面に当たる照明が遮られてまぶしくないですし、まるで美容院でシャンプーをしてもらっているようでリラックスもできます。でも私としてはちょっとだけ不満。

見たくないですか?処置しているところ。

詰め物を外す瞬間も、外した箇所がどんな様子なのかも、光に反応して固まると噂の樹脂の詰め物がどうやって注入されて、どうやって自然な歯の形に整形されるのかも、その一部始終を見てみたい。

もちろん、タオルかけられていなくったって治療箇所の様子が見えるわけではありません。治療中に鏡を持たせてもらうわけにもいきません。ですが今の時代、あるじゃないですか。ぴったりの物が。

f:id:heckyeah_dude:20220201184125p:plain

https://www.nojima.co.jp/support/koneta/54342/

そうです。VRゴーグルです。照明の位置にカメラを取り付け、処置している様子をVRゴーグル内のスクリーンに映せば、照明がまぶしいという課題も、処置中の様子を見たいという要求もクリアできます。うちの歯医者で導入してくれないかな。

 

...とまぁ、そんなことを考えているうちに処置は終わりました。麻酔のおかげで全く痛くありませんでした。処置後、外したアマルガムは持って帰れるのかなと期待しましたが、残念ながらそのような特典は無し。もしあれば絶対持って帰ってます。私には人体収集家気質があるので。親知らずなんかは、抜歯の過程で砕いたものを除いて全て持ち帰ってます。

あ。そういえば、あの持ち帰った親知らず。根元を覗いてみたり、バリのたった部分を指でなぞってみたり、臭いを嗅いでみたりと、一通り愛でたあとで燃えるゴミとして適当に捨てしまったと記憶しているんですが、歯は燃えるゴミで良かったんでしょうか?