迎春記

― 手持ち無沙汰なあなたに贈るゲイの小噺 ―

男体山 〜紅葉と渋滞と〜

f:id:heckyeah_dude:20191104223001j:image

土日を使って、恋人さんと日光にある男体山に登山に行ってきました。

 

紅葉も終わりかけの時期だと言うのに、いろは坂の渋滞は相変わらずで、通常は45分ほどでつくはずの東武日光駅から中禅寺温泉の道が2時間もかかりました..。この渋滞は何とかならないもんですかね。

 

 

今回は土曜日に日光東照宮と華厳の滝を見て、中禅寺湖に一泊し、翌日朝から男体山に登るスケジュールで行きました。

 

男体山の登山口は、中禅寺湖の湖畔にある「二荒山神社中宮祠」の中にあります。

f:id:heckyeah_dude:20191104221338j:image

 

社務所で登拝料(1人500円)を払うと、お守りがもらえます。登山中は登山安全として、登山後は交通安全のお守りになるそうです。

f:id:heckyeah_dude:20191104221624j:image

 

社務所の向かい側に登山口の入り口となる鳥居があります。鳥居をくぐってのスタート。さすが山岳信仰の山という感じです。

f:id:heckyeah_dude:20191104225650j:image

 

鳥居をくぐって少し進むと1合目の石碑があります。1合目から3合目にかけては、いきなりの急な坂道からスタートになります。しっかりと準備運動した方が良いです。笑

f:id:heckyeah_dude:20191104221913j:image

 

3合目から4合目は一旦舗装路を蛇行しながら登っていきます。一応、急坂を登るショートカットルートがあるみたいでしたが、3合目までの足の疲れを取るためにも、個人的には舗装路がオススメ。

f:id:heckyeah_dude:20191104222115j:image

ちょうど、僕らが舗装路を進むのと同じタイミングで、ショートカットルートを出発したパーティがいましたが、4合目には僕らの方が先に着きました(しかも、めっちゃゼェゼェ言ってた..)。

 

4合目から8合目にかけては再び急坂。そして、徐々に岩場になっていきます。

f:id:heckyeah_dude:20191104222532j:image

 

8合目を超えたあたりで、少しずつ傾斜が緩やかに。さらに9合目を超えると階段上の道になり、視界も開けます。ただ風が直で吹き付けるので、今の時期は結構寒い..。

f:id:heckyeah_dude:20191104222840j:image

 

山頂に到着!登山口からは4kmほどしかないのですが、ひたすらの上りで結構ハードに感じました。でも、山頂から中禅寺湖の眺めは最高です。遠くの方に富士山も見えました(写真には写ってないです)。

f:id:heckyeah_dude:20191104222905j:image

 

山頂には二荒山大神の立派な像があります。これどうやって持ってきたんだろ。笑

f:id:heckyeah_dude:20191104223001j:image

 

 

多くの人は同じルートを引き返すんですが、僕らはちょっと距離が物足りないだろうということで、奥日光側にある志津行屋方面に下山しました。

 

こちらのルートは道自体は危ないところは無いのですが、先日の台風の影響か、倒木で道が塞がれている場所が2、3箇所あり、迂回する必要がありました。

f:id:heckyeah_dude:20191104223339j:image

f:id:heckyeah_dude:20191104223447j:image

f:id:heckyeah_dude:20191104223453j:image

 

志津行屋に到着。

f:id:heckyeah_dude:20191104223523j:image

 

ここからはただの舗装路になります。登山感はゼロです。これならピストンでも良かったなとちょっと後悔。

f:id:heckyeah_dude:20191104223622j:image

 

ですが、戦場ヶ原に近づくにつれて黄色く色づいた林になり、これはこれで綺麗でした。中禅寺湖側の道はそれほど色づいていなかったので、紅葉としては奥日光側の方が綺麗かも。

f:id:heckyeah_dude:20191104223718j:image

 

戦場ヶ原からはさらに湯元温泉方向へ歩いて、湯滝を見に行きました。

f:id:heckyeah_dude:20191104224630j:image

 

この湯滝がすごい迫力!先日行った屋久島の大川の滝(→参照)レベルで感動したかも。

 

 

帰りは「湯滝入口」というバス停から東武日光駅行きのバスに乗りました。乗ったときはそれほど人が乗っていなかったのですが、中禅寺湖に降りていくにしたがって満席になり、「中禅寺温泉」のバス停では、長蛇の列ができていたのにも関わらず、10人ほどしか乗れませんでした。

 

奥日光側に下山したのが、結果的に良かったです。中禅寺湖から東武日光駅までは、行きと同じく渋滞で2時間..。登山後で脚の疲労が溜まっていたので、ホント座れて良かった。

 

以上、男体山の登山記でした!

上りはちょっと大変ですが、頂上から眺める中禅寺湖は最高です!是非みなさんも行ってみてください。行く際はくれぐれも渋滞を考慮した余裕のある行程で。笑